工事費用を知る

取り付け工事の内訳と費用

給湯器の取り付け工事を考えているなら、あらかじめ工事費用の内訳と料金の明細を知っておくと便利です。追炊き機能つき・壁掛け式のガス給湯器を取り付ける場合、取り付け工事の費用に1万2千円、給水管・給湯管の接続工事費用に3千円、ガス管接続工事に5千円、追炊き接続工事に5千円、保温工事に2千円、リモコン工事に2千円ほどかかります。また、既存品の撤去や処分費用として4千円〜6千円程かかります。合わせて4万円〜6万円くらいかかる場合が多いようです。追炊き機能がついていないタイプから追炊き機能付きのタイプに替える場合や、配管凍結予防ヒーターを取り付ける場合、リモコンを増設する場合などは別途料金がかかります。

給湯器の色々なメリット

イニシャルコストが安くすみ、使い勝手がいいのがガス給湯器です。ガス給湯器は一般的に幅広く普及している給湯器で、スイッチを入れればお湯がすぐに使用できるのでお風呂やシャワー、洗顔、食器洗いなどのときに役立ちます。自然環境やラニングコストを考えて選ぶなら電気給湯器がおすすめです。電気給湯器はヒーターを使用してお湯を作るシステムになっていて、ガス代がかからず、夜間電力でヒーターを使用すれば電気代が安くなります。電気給湯器の代表的なものにエコキュートがあります。エコキュートは自然にある二酸化炭素の熱を使ってお湯を作るヒートポンプ式の給湯システムです。温暖化ガス排出を抑えることができ、家計にも優しい給湯器です。