初期費用を考える

ガスと電気の給湯器の比較

給湯器といえば、大きくガスを使用するか電気を使用するかで分かれます。初期投資を抑えるなら、ガス給湯器が安価に設置でき、およそ30万円程度からの初期費用で済みますし、水を瞬間的にお湯に温めて使用しますので勢いのあるお湯を使うことができます。ただ、発電しないタイプのものだとランニングコストが割高になってしまします。一方で、電気による場合は初期投資は高いもののランニングコストが抑えられるのが一般的です。通常のエコキュートであれば80万円程度かかりますので、ガスに比べると2倍以上の初期投資になります。オール電化の住宅にする場合は電気にするしかありませんから、初期投資が高くても仕方ありませんし、その場合、さらにランニングコストが下がります。

課題は初期投資・更新投資の費用抑制

かつての給湯器といえば、ほとんどがガスによるものでした。また、給湯だけのものが多かったのですが、最近では、ほとんどの場合、お風呂と給湯の両方の機能を持っていますし、場合によっては、暖房機能や発電機能を持っている場合もあります。お湯を沸かすという機能から考えれば、お風呂も給湯も同じですから、両方の機能をまとめることは合理的です。さらに、同様の機能が必要となるものをできるだけまとめて、現在の設備にまでたどり着きました。省エネの意識が高まってきた近年、いかにして効率的に給湯を行うか大きな課題です。それだけ、給湯には大きなエネルギーが必要なのです。今後の給湯器は、いかに初期投資や更新投資を低く抑えるかが大きな問題となってきます。